2017/10/23 | 田村 涼汰

お客様にとっての最大限の幸せ・・それは「理解者」

皆さんは美容室で失敗された経験、ありますか?

 

・・・僕はあります。

 

美容師になるずっと前ですが、横にボリュームが欲しかったのでマッシュみたいにしたいと言ったら

 

マッシュどころか「きのこの山」になりました。

 

それ以外にも、UVERWORLDのボーカルTAKUYAさんのような

トップの部分が短くツンツンで、横がすっきりとしているスタイルをオーダーしたところ

 

TAKUYAどころか「たけのこの里」になりました。

 

一人で二役。ある意味贅沢な髪型になってしまいました。

 

 

けどそんな感じの経験一度はある方がきっと多いはずです。

 

ちなみにそれって、なにが一番の原因だと思いますか?

 

 

技術ですか?道具ですか?それとも単純に髪質が合っていないだけですか?

 

・・・答えはどれも違います。

 

正確に言うと、、そのどれもが間違ってはいないのですが

 

 

最大の理由は「カウンセリング」

 

世界中色々な見た目、性格、考え、感じ方の人がいるわけですから

 

単純に髪型ひとつの共有をしようとしてもなかなかできません。

 

極端な例えですが

 

お花屋さんで「一番綺麗な花をください」と言われたら

それはもう僕からするとかなり鬼畜な質問ですね。

一番綺麗な花があるなら一番汚い花もあるはずですよね?(笑)

 

 

美容院での指名も同じです。

「一番カットが上手い人でお願いします」

・・・そんなの誰がどの基準でどう決めるんですか?

 

指名が多かったら店で一番上手い?

 

早く切れる人が一番上手い?

 

結局はそのお客様が喜ぶかどうかです。

 

喜んで笑顔で帰ってまた来ていただければ

 

そのお客様にとってその人はカットが上手い人になります。

 

少し話がそれましたが、簡単に言うと、

 

「ちょっとやそっとの会話や情報ではお互いの理想や感性の共有なんて到底できない」ということです。

 

どんな髪型にしたいか?量は重いか?前髪はどうするか?他に気になる所はないか?

 

・・・それだけで終わる人多くないですか?(笑)

 

 

それだったらお客様側の立場として、1000円カットに行ったほうがいいと思いますよ。

 

 

1000円カット知らない人は知らないだけで世間的に上手い!って言われる人

結構いますから。時間も早いですし。

 

大事なのはその人のライフスタイルを知ること

 

普段はシャンプー何を使っているのか?

 

乾かす前にオイルはつけるのか?

 

コテやアイロン、スタイリング剤は使うのか?

 

職場や学校ではどうしているのか?

 

・・まだまだ聞けることはたくさんあります。

 

それらの情報でその人がどう過ごしているかを知ることによって

 

こちらからの提案もでき

 

お客様の理想どころか、それ以上の仕上がりを実現することができます。

 

 

 

考えの完璧な共有、、それができてこそ「一流」

 

 

想像以上の仕上がり、、それができてこそ「上手い人」

 

 

美容師側の立場だけでなく、お客様側に立ってみても

 

 

「自分」というものを理解してくれている人に髪を任せるのが

 

一番安心できますよね。

 

そんな安心感を得られる美容師・・・皆さんの周りにはいますか?

 

 

 

 

この記事を書いたのはこの人
このスタイリストで予約する

スタイリスト/SWEEt所属

田村です!ショートスタイルやナチュラルなボブからミディアムまで幅広く得意ですので自信を持って提供させていただきます!またお客様の悩みに合わせての似合わせカラーでその人の魅力を最大限にまで引き出します!
さらにDJや認定バリスタ資格など幅広いエンターテイメントを披露する事で沢山の支持を頂いております!
関連記事