2017/10/14 | 田村 涼汰

周りに軽蔑されるくらいの「異常者」になりたい[浦安 美容室 XELVe TOKYO]

皆さんは自分の限界を知っていますか?

 

僕は全然知りません。むしろ知りたいとも思いません(笑)

 

なぜなら人は限界を悟ったり、自らの意志で決めてしまうと

 

それ以上のことを成し遂げることは不可能だからです。

 

テスト70点目標で頑張って100点なんてとれないですよね?

 

マラソンでタイムを3時間に設定していて2時間切るなんて無理ですよね。

 

これはあくまでも僕自身の考えです。

 

だからこそ限界なんて決めちゃいけないんです。

 

「無理」とか「絶対できない」とか

 

言ってる時点でまず挑戦する価値すらないと思います。

 

僕からいってしまうと、そういうのが口癖の人は

 

最初からもう何もしなければいいんです。

やっても結局大した結果なんてでないのだから。

そのわずかな結果で喜んで自慢してまた少しの壁にぶつかるとすぐに

「絶対できない」「無理」の繰り返し

 

まあなんというか、実際に過去に周りにいた方なのであえて悪口みたいなのは言わないですけど(笑)

 

・・・すごく人生損してますよね。

 

損する生き方って、やっぱり誰もしたくないですよね。当たり前です。

 

けどこんな偉そうに言ってる僕だって果たして今が損してるかどうかなんて

 

分からないですし、そんなのは誰にも分からないと思います。

 

だからこそ!!自分の着地点なんて決めてはいけないんです。

 

年配のかたは、「最近の若い子は・・」とか口うるさくいいますけど

 

そんな古臭い考え方もどうかなと思いながらも

 

僕なりに「確かに・・」と納得してしまう部分もあります。

 

とにかく限界決めるの早すぎますよね?

 

僕は本当に心の底からそう思います。

言い切れます。自信あります。

 

今25歳で仮に今からジャニーズなどのアイドルに本気で興味を持ったら

明日にでも美容師辞めて、オーディション受けに行きます。

芸能界なんて小さい時からやっている子がほとんどなので25歳でレッスンからだときっと

浮くでしょうね。10歳のちびっこよりも全然下手でしょうし。

けど全然平気です。

だってなりたくて辞めたので。

 

とにかく受けてみないと分からない

 

当たり前のことでできてる人少ないですよね。きっと。

 

僕もそんな周りの人ほとんどみたことがありません。

 

まあ今の例えは極端な話なので、だいぶ僕みたいな頭のぶっとんだ人間じゃないと

 

この年で美容師辞めて芸能界なんて入らないでしょうから(笑)

 

仮に僕は今の美容院に入る前に、実は行きたいところがあって

 

そこの中途採用の年齢制限が23歳でした!

 

僕はその時24歳でしたが、受ける気満々でした。

 

けど年齢詐称とかそんなしょうもないことをするのではなくて

 

正々堂々と面接を受け、履歴書にも24と書き

 

「実年齢は24ですが、見た目は20~22歳に見えるといわれますし、もしそれで他の周りのスタッフや仮にお客様にでも23以上に見られたらすぐに辞めます。もちろんその分の給料はいりません」とまで

 

考えてシミュレーションしていました。それくらい本気で

 

そこに入りたいとその時は思ったからです。

 

でも

やっぱりそれに近いくらいの覚悟は

 

今何歳でどこにいてなんの職業をやっていても

 

必要なのではないでしょうか?

 

[浦安 美容室 XELVe TOKYO]

 

 

この記事を書いたのはこの人
このスタイリストで予約する

スタイリスト/SWEEt所属

田村です!ショートスタイルやナチュラルなボブからミディアムまで幅広く得意ですので自信を持って提供させていただきます!またお客様の悩みに合わせての似合わせカラーでその人の魅力を最大限にまで引き出します!
さらにDJや認定バリスタ資格など幅広いエンターテイメントを披露する事で沢山の支持を頂いております!
関連記事